最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書)

  • 89 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 野村雅昭 .

    Download 時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  瀬戸賢一
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2017年03月24日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591213111370
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    時間は抽象なので、私たちが時間を認識するとき、なにかに「見立て」るしかない。この「見立て」つまりメタファーを分析することで、“時間”を具体的に意識化することができる。近代において最も強固な「見立て」は〈時は金なり〉のメタファー。コーパスや、具体的なテキスト(「吾輩は猫である」「モモ」等)を探り、私たちが縛られているさまざまな時間のメタファーを明らかにした上で、新しい時間概念(「時間は命」)を模索したい。

あなたも好きかもしれません

時間の言語学 ──メタファーから読みとく (ちくま新書) by 野村雅昭 ダウンロード PDF EPUB F2