最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

本当はこんなに面白い「おくのほそ道」

  • 51 読みたい
  • 96 現在読んでいるもの

発行元 伊藤雅文 .

    Download 本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 本 Epub や Pdf 無料, 本当はこんなに面白い「おくのほそ道」, オンラインで書籍をダウンロードする 本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 無料で, 本の無料読書 本当はこんなに面白い「おくのほそ道」オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安田登
    • レーベル:  じっぴコンパクト新書
    • 発売日:  2014年08月29日
    • 出版社:  実業之日本社
    • 商品番号:  5591206407870
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    中学・高校で、だれもが触れる、松尾芭蕉の不朽の名作『おくのほそ道』。でもこの物語、実は当時の門人たちがゲーム感覚で楽しみながら読んでいた、今でいうロールプレイングゲームのようなものだった! 当時の流行芸能であり、知識人の常識でもあった「能」をキーワードに読み解いてみると、その実態が見えてくる。『おくのほそ道』というロールプレイングゲームでのゲームマスターは松尾芭蕉。参加するのは蕉門の人たち。門人たちは、自分がまだ行ったことのない東北を、松尾芭蕉のトークとともに旅をした。現代のロールプレイングゲームでは、怪物の巣食うダンジョンに迷い込み、怪物たちと遭遇するが、『おくのほそ道』では、芭蕉が実際の旅で迷ったように人々も迷宮に迷い込み、行く先々で詩人の魂や亡き人の霊と出会う。怪物と戦う代わりに、詩人の魂と交流をし、怨霊を鎮魂し、四季の景色を愛でて、名所を一見する。コスプレあり、ジョブチェンジあり、パラレル・ワールドあり。まったく新しい視点から読み直した、本当は面白い『おくのほそ道』の世界をご紹介しましょう。

あなたも好きかもしれません

本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 (じっぴコンパクト新書) by 伊藤雅文 ダウンロード PDF EPUB F2

大変読みやすく、内容も能の世界から見つめたユニークな視点は興味深く充実しています。