最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか

  • 82 読みたい
  • 72 現在読んでいるもの

発行元 佐々淳行 .

    Download 「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか 本 Epub や Pdf 無料, 「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか, オンラインで書籍をダウンロードする 「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか 無料で, 本の無料読書 「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのかオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐々淳行
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000002546
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    尖閣諸島、竹島、北方四島……日本の領土が喪われつつあるいま、初代・内閣安全保障室長が「国家」危機管理のノウハウを説く。「国防力」というと、通常は陸海空の軍事力を指す。その意味では、わが国の国防力は、装備というハード=目にみえる国防力は立派だが、それを運用するソフト=目にみえない国防力は欠陥だらけなのである。「主権意識、情報力、統治能力なき政権に、わが国は守れない! いま求められているのは、愛国心と国防力だ」。にも関わらず腹立たしいのは、中国船による確信犯的な領海侵犯、丹羽宇一郎中国大使の公用車襲撃・国旗奪取……といった事態に際し、怒らないことをもって「大人の対応」と、己の臆病保身を正当化するリーダーの発言が数多見受けられること。日本の国防的威信失墜はとどまるところを知らない。総理をはじめとする政府中枢は、直ちに国際社会と国民に向けて所信表明すべきだ。著者は繰り返しいう、「公憤なき政治家は去れ!」と。

あなたも好きかもしれません

「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか by 佐々淳行 ダウンロード PDF EPUB F2