最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学

  • 84 読みたい
  • 57 現在読んでいるもの

発行元 山本ルンルン .

    Download 平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学 本 Epub や Pdf 無料, 平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学, オンラインで書籍をダウンロードする 平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学 無料で, 本の無料読書 平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  円満字洋介
    • 発売日:  2017年06月09日
    • 出版社:  実業之日本社
    • 商品番号:  5591213991240
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    平安京の手本となった長安の都・大興城は、北が低く、南が高い地形に合った。それと正反対の京都の地形では、どのように土地を利用したのか? 建物はどう配置したのか?現代では「当然の常識」ではなくなってしまった風水(本書では、五行説と易を扱う)。万物は木・火・土・金・水のいずれかに属し、それぞれが関係し合う。為政者は、大路や建物をそれらに見立て、都を作っていった。すべては陽と陰に分けられ、その並びで易を読み、性格をつけていく。例えば、秀吉は平安京を「山風蠱」(刷新のイメージ)として作った。その後、家康は二条城を設置して「火風鼎」(安定のイメージ)に変えた。風水で、京都の「そこ」に建物がある意味まで見えてくる。

あなたも好きかもしれません

平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学 by 山本ルンルン ダウンロード PDF EPUB F2