最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫)

  • 54 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 牧秀彦 .

    Download 婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫) 無料で, 本の無料読書 婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  牧秀彦
    • レーベル:  徳間文庫
    • シリーズ名:  婿殿開眼
    • 発売日:  2019年07月05日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4916216800002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    勘定所勤めながら不得手の算術に四苦八苦し、

    家付き嫁の佐和の尻に敷かれる辛い日々を送る

    笠井半蔵。

    登城中の勘定奉行を刺客の襲撃から救ったことで、

    幕閣の影の警固を命じられた。

    勘定所への出仕は猶予され、

    影の御用に励むよう勘定奉行より命が下されるが、

    家業をおろそかにすることに悩む半蔵だった。

    そんなとき、警護先の矢部貞謙が何者かに拉致されたのだ!


    好評シリーズ第二弾。

    (『算盤侍影御用 婿殿激走』改題)


    <目次>

    第一章 婿殿の憂鬱

    第二章 鍛えし気組み

    第三章 佞臣の素顔

    第四章 走れ半蔵

あなたも好きかもしれません

婿殿開眼二 走れ半蔵 (徳間文庫) by 牧秀彦 ダウンロード PDF EPUB F2