最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

  • 59 読みたい
  • 91 現在読んでいるもの

発行元 土屋哲雄 .

    Download いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 本 Epub や Pdf 無料, いかなる時代環境でも利益を出す仕組み, オンラインで書籍をダウンロードする いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 無料で, 本の無料読書 いかなる時代環境でも利益を出す仕組みオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大山健太郎
    • 発売日:  2020年09月18日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660000280010
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    危機のときに必ず業績が飛躍的に伸びるのはなぜか?

    「15の選択」で会社は根本から変わる

    ■新製品の売り上げ比率は50%以上

    ■設備稼働率は70%以下にとどめる

    ■「選択と集中」「選択と分散」をバランス


    【目次】

    序章 効率偏重経営の終わり

    CHOICE 1 「環境変化に対応する」か「環境を自ら変革する」か


    1章 製品開発力 売れる製品を最速で大量に生む仕組み

    CHOICE 2 フォーカスするのは「買う人」か「使う人」か

    CHOICE 3 KPIの目的は「業績向上」か「新陳代謝」か

    CHOICE 4 開発は「リレー型」か「伴走型」か


    2章 市場創造力 流通を主導し、顧客と結びつく仕組み

    CHOICE 5 「自社の強みに絞る」か「自社の強みを絞らない」か

    CHOICE 6 強みは「固有の技術」か「固有の仕組み」か


    3章 瞬発対応力 急な外的変化を成長に取り込む仕組み

    CHOICE 7 上げたいのは「稼働率」か「瞬発力」か

    CHOICE 8 瞬発力があるのは「身軽な外注」か「柔軟な内製」か

    CHOICE 9 「選択と集中」か「選択と分散」か

    CHOICE 10 「短期の効率」か「中期の効率」か


    4章 組織活性力 仕事の属人化を徹底的に排する仕組み

    CHOICE 11 社長にとって「いい会社」か社員にとって「いい会社」か

    CHOICE 12 経営情報を「独占する」か「共有する」か

    CHOICE 13 組織内に「ヌシがいる」か「ヌシがいない」か


    5章 利益管理力 高速のPDCAで赤字製品を潰す仕組み

    CHOICE 14 PDCAの要所は「PLAN」か「ACTION」か


    6章 仕組みの横展開


    7章 ニューノーマル時代の経営

    CHOICE15 業界は「守るべきもの」か「壊すべきもの」か

あなたも好きかもしれません

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み by 土屋哲雄 ダウンロード PDF EPUB F2