最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫)

  • 48 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 戸神重明 .

    Download 恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 無料で, 本の無料読書 恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 恐怖箱 赤蜻蛉 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鳥飼誠, 怪聞亭
    • レーベル:  竹書房文庫
    • シリーズ名:  恐怖箱シリーズ
    • 発売日:  2016年04月22日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4913724080001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    怖い話が好きだ。だが、どれほど怖くとも、それが「フィクション」では興をそがれる。自分が生きるこの世界の、同じ現実の中で誰かが体験した話であるからこそ意味がある…そうお考えの実話怪談ファンに捧ぐ、本当にあった怖い話。実話怪談大会【超-1】で才能を見出された新進気鋭の3人が、それぞれのルートで入手したとっておきの怪奇譚を書き下ろした本書は、正直これが事実だとは思いたくない不気味さだ。体験者がひとりで抱え込むには重すぎる恐怖の記憶を、丁寧な取材で聞き書きし、再現してみせた話の数々はそれも生々しく、当事者の驚きや慄き、時に切なさや痛みまでもを伝えてくる。信じるにたる逸話ぞろいである。実録でありながら、読み物としても味わい深いこれらは、必ずや恐怖に飢えた実話怪談ファンの胃袋を満たしてくれることだろう。

あなたも好きかもしれません

恐怖箱 赤蜻蛉 (竹書房文庫) by 戸神重明 ダウンロード PDF EPUB F2